オーストリア留学

オーストリアの大学

画像: ©Universität Wien/ Alex Schuppichウィーン大学

オーストリアの大学は8つの都市に19校あり、国外からの留学生も含め合計23万人の学生が学ぶに十分な教育施設が用意されている。 

オーストリアの大学における専攻科目、奨学金受給に関してのホームページへのリンク。

留学許可

オーストリア大学留学に関して法的拘束力のある情報を、オーストリア学術省が提供している。

留 学 条 件 : オーストリアへの留学には基本的に下記の条件がある。

  • 個々のオーストリア大学の留学許可 (美術ならびに音楽専攻の場合は入学試験)日本の大学における同じ専攻科への入学許可(在籍していること)
  • 学業に充分なドイツ語力 (ÖSDの項参照)
  • 在留許可 (上記 在留許可の項参照)、入学願書は必要書類をすべてそろえ、9月1日までに(夏学期から留学希望の場合は2月1日まで)大学に提出。芸術関連大学の場合、提出期限は選考試験の日程による。(かなり早まる)

必要書類は認証されたものを提出。 外国人留学生は、オーストリア人学生にも課せられる大学税の他、学期ごとの学費を支払う。

 

オーストリア政府給費留学制度

オーストリア大使館を通じて、毎年政府給費留学生の募集・選考が行われている。

給費期間は最高9ケ月で奨学金の額は受給者の学位によって異なる。 毎年1月~2月ごろに募集要項が発表される。

2018年度の募集分野は人文・社会・自然科学および美術で、音楽分野は対象とされていない。この奨学金は、応募の時点で日本の大学で学んでいる、研究活動をしている、あるいは教職についている方を支給対象とするものである。

2018年度オーストリア政府給費留学生の応募を受付中です。右のリンク先から、応募要項、出願書など必要書類をダウンロードできます。 応募書類の締め切りは4月16日(必着)、選考会は2018年4月24日、東京のオーストリア大使館にて開催いたします。

外交アカデミー

ウィーン外交アカデミーは、国際的に知られた大学院レベルの教育機関で、学部卒業生のため、経済、金融、国際機関ならびに公的機関へ就職準備コースおよびキャリアアップ・コースを提供している。当アカデミーの前身は、1754年創立の東洋アカデミーならびに1898年創立のオーストリア・ハンガリー帝国領事アカデミーで、長い伝統を誇る教育機関である。1964年から現在の学校名となり、1996年に大改革が行われ、世界各国から参加可能な講座や特別講座が開設され、学術的多様性と国際性が売り物である。

当外交アカデミーはまた、国際的レクチャー、セミナー、シンポジウム等の開催でも知られている。さらに、夏期にはドイツ語を学ぶ人のための語学講習も開催している。

語学学校・語学講座

オーストリアのドイツ語語学講座については、インターネットで最新情報を入手できる。

右記Campus Austriaのサイトから各地の語学講座を検索できる。インターネット上での情報サービスを行っている機関の一例を下記に挙げる。

オーストリア ドイツ語能力検定試験

オーストリア ドイツ語能力検定試験 (ÖSD)は、1994年にオーストリア連邦省により発案され、欧州議会が定める厳正な基準に基づいた国家公認のドイツ語能力検定試験である。現在この検定試験はドイツ語能力を証明する検定試験として世界80箇所あまりの試験機関で執り行われている。

オーストリアドイツ語能力検定試験はドイツ語のもつ多様性を重視し、試験問題を作成するにあたり、ドイツ語圏の主要三カ国すなわちドイツ、スイス、オーストリアそれぞれの標準語を考慮している。当検定試験はコミュニケーション能力を問うもので、文法を主眼とした語学能力検定試験とは異なった構成になっている。従ってコミュニケーションを主体とした試験をあまり受けたことのない受験者には、試験の形式に慣れるための試験準備語学講座を受講される事をお勧めする。

日本では、1998年夏から毎年2回、1月末と6月末ごろ、東京、大阪等を会場に開催されている。

ÖSD試験の日程および準備コース、各地の事務局の連絡先については、右記のサイトから確認できる。

テーマに関するリンク